全てが個人に帰されるフリーの活動

フリーエンジニアの仕事の特徴として、仕事探しから契約の締結、実際の仕事の遂行に至るまでの作業全てを一人の人間が担うという点がある。会社ではこういった一連の仕事は分担されて適材適所で実行されるのが通常であり、場合によっては一つの仕事に複数の人材があてがわれることも多い。そして、その全体を管理する人材がいることによって責任の分散を行うとともに、複数の視点から確認して仕事を行っていくことによってミスを防ぐようにされているのである。そのため、万が一取引上のトラブルがあったとしても個人にかかる責任は小さくなり、組織全体でその負担を終えるようになっている。
一方、フリーエンジニアの場合にはその全責任を一人で負わなければならなくなる。何か仕事の上でトラブルが生じた場合には個人で全ての責任を取らなければならなくなり、それが重大なものであった場合には仕事を続けていくことができなくなるリスクがあるのである。しかし、責任を一人で負う代わりに、仕事をしたことによって生まれた成果に対する評価もまた個人に帰することになる。成し遂げた成果が組織に吸収されることなく、自分のものとして扱ってもらうことができるのである。
このように、内容の善し悪しに関わらず、行ったことの全てが個人の責任や成果として取り扱われることになるのがフリーエンジニアの仕事の特徴であり、トラブルを避けて仕事をしていければ自己の評価を高める近道となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です