フリーエンジニアの興味とシステム管理

フリーエンジニアとして働くエンジニアの多くは開発に興味があることが多いと思います。もともとIT業界に仕事を求めてきた理由が世界の最先端を走る業界で新しいものを生み出して成果をあげていきたいという気持ちからであることが多く、それを実現するのに適した舞台が開発現場となっている。フリーエンジニアとして開発したシステムやプログラムがクライアントや世間から評判を得られると、その評価は組織ではなく開発した本人に帰せられることから大きなやりがいを得られるからである。しかし、実際に個人で開発できるシステムというのはそれほど大規模なものではなく、なかなか世に知らしめられるような画期的なシステム開発に携わることは難しい。また、開発の仕事は時間とエネルギーを要するにも関わらず、速やかな納品が求められることから若いうちしか携わりにくいというデメリットがある。そのため、長く働いていくために、システム管理や保守といった業務委託の安定した仕事を請け負うようになっていくことが多い。そういった現場において必要となるスキルはトラブル対応の能力である。特にネットワーク関係のトラブルは多発しやすいことから、どのようなシステムの管理や保守の仕事であってもネットワーク関係の専門的知識とスキルは基本として身につけておくことが要求されるものとなっている。開発に携わる傍らでネットワークに就いて学んでおくことは将来のために重要となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です